スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
上門農園さんの商品取扱い開始!
2010/01/25(Mon)
昨年、和歌山の上門農園さんを訪問して以来、
あの「紅俺ん路みかん」のとりこになり、
なんとか、でいご屋ショップで販売したいな~と思い思い1年たち、、、

今年、「紅俺ん路みかん」を扱わせていただくことになりました!
詳細は、ショップ内の各商品ページを見ていただくとして、
 ◆紅俺ん路みかん5kg 『Sサイズ』 『2Sサイズ
 ◆『紅俺ん路みかんジュース
 ◆『南風(まぜ)の里ギフトセット


ここからは私自身の主観的感想です。

<みかん>
現物のみかんは初めて食べました。美味しい甘いのは間違いないですが
たまに、ちょっと特色のあるスーパで「糖度13以上!」とかPOPをつけて
販売しているものと大差ないように感じました。
ただ、よくよく聞いてみると、私が食べた分は出来がそれほど味がのる前のものだとのこと。
これから酸味・甘みのバランスが絶妙なみかんがでてくるらしいです。
まぁ、糖度16とか17とかもあるらしいので。
紅俺ん路はまだまだ伸びシロが大きそう
ue_mikan1.jpgue_mikan2.jpg



<ジュース>
なんだろう。たまにガツンとのどごしが強い100%ジュースありますよね。
それとは全く違います。すーっとしみこんでいく感じ、とっても優しいです。
これが、ひとつひとつ皮をむいて絞っている製法の違いなのかな。
一気に飲んでしまうというよりは、ふとした瞬間に「紅俺ん路ジュース飲みたい」と
冷蔵庫を開けてしまっている感じです。
毎日、ジュース1杯を味わって飲む。そんな飲み方が似合う。決してがぶ飲み向きではない。
beni_juice.jpgCIMG4953-2.jpg



<それ以外>
まだ試していません。。。

スポンサーサイト
この記事のURL | 訪問の途中で | CM(0) | TB(0) | ▲ top
京都ベジタリアンフェスティバルに参加!
2008/10/05(Sun)
京都の岡崎公園で行われたベジタリアンフェスティバルに参加しました。

CIMG2986.jpgCIMG2983.jpg

出町柳のオーガニックショップ菜花さんにご協力いただき、
でいご屋用に少しだけスペースをお借りして
何をしたかというと・・・

南国フルーツキワノの紹介&試食~♪

極端に国内流通の少ないキワノ、知っている人はほとんどいません。
興味をもって立ち止まってくれるお客さんもチラホラ。
物珍しさに手にとって見る子供もちょいちょい。
やっぱりあの外観はインパクトあるようです。

01_400.jpg

でもって、そんな方々に中身のゼリーを試食いただくと・・・
一歩下がり、首をひねる・・・涙
フルーツと思って食べると拍子抜けするほど味が無いところに
驚いている様子でした。

現時点では、生食でキワノを展開するのはハードルが高そうかな
という印象でした

ただ、ベジフェスならではの貴重なご意見も!
「中身のゼリーにオリーブオイルと塩こしょうを混ぜてサラダのドレッシングにいいかも」と。
帰って試したら、確かにほのかな酸味と独特の食感はサラダのアクセントにぴったり!

味にクセがなく、独特の食感というキワノの特徴。
どのように活かしていくのか、課題継続です。

今のところは、デザートのトッピングやドレッシングかなぁ。
(アイスクリームやヨーグルトのトッピングとして食べると食感が良く美味ですよ♪)


追伸
ベジフェスで心打たれたブースがありました。
「No Fur 大阪(http://www.geocities.jp/kabasannoheya/nofur.htm)」にて、
毛皮商品「ハラコ」についての記事です。
ファッションについて、各自の趣味嗜好にあれこれと述べる気はさらさらないですが、
現実をまず知るのは大事だと思います。
※「ハラコとは」で検索してみてください。
この記事のURL | 訪問の途中で | CM(0) | TB(0) | ▲ top
亀岡市新米ファーマーの野菜を食す
2008/08/31(Sun)
以前ご紹介した亀岡市の新米ファーマー(新規就農1年目)の池之側さんから、
畑で出来た夏野菜を頂きましたので早速食べてみました。

CIMG2759_300.jpg

①赤オクラ
CIMG2746_300.jpg

輪切りにして、かつおぶし+しょうゆでいただきました。
CIMG2698_300.jpg

茹でると10秒もたたないうちに赤色→緑に変わります。
生で食べても問題なく、むしろ歯ごたえ良くいただけましたよ

※妊娠中の家内が、板ずりの時に手が痒くなると言ってました。。。
  敏感な方はお気をつけ下さい。


②青とうがらし(甘とう美人)
CIMG2742.jpg

グリルでうっすら焦げ目が全体につくまで焼いて、これも、かつおぶし+しょうゆ。
CIMG2701.jpg
グリルで炙っただけなのに、十分美味しい
甘みが口の中にぷぁ~っとひろがります。


③四葉きゅうり(すうようきゅうり)
CIMG2750.jpg

スライスして浅漬け。
きゅうり2本あたり、塩・砂糖を小さじ1/2弱、唐辛子の輪切り少々を
ビニール袋に入れて揉んで、冷やしました。
CIMG2705.jpg
イボイボの歯ごたえがあり、普通のきゅうりよりもウリっぽいです。


④ゴーヤ
CIMG2751.jpg

種とワタをとり、薄くスライスする。
氷水で3~4分冷やし、水気を切って塩でもむ。
ゴマ油としょうゆであえて、かつおぶし・のりをのせて出来上がり!
CIMG2710.jpg
苦味が抑えられて、とても食べやすかったですよ

⑤かぼちゃ(ほっこり姫)
小玉のかぼちゃ(写真を撮り忘れてました

■かぼちゃの煮物
適当な大きさに切り、鍋にかぼちゃの2/3ぐらい水を入れ、酒・砂糖・しょうゆを入れて、
落し蓋をして煮る。かぼちゃが柔らかくなり、水分がとんだら出来上がり。
CIMG2712.jpg

■かぼちゃのバター焼き
スライスし、バターをフライパンにひいて両面焼き、蓋をして蒸す。最後に塩少々。
CIMG2711.jpg

甘みは十分ありますが、もうちょっと寝かしたらもっと美味しいかな~、
と感じました。


さてさて、
こんな具合で、本日の我が家の昼ゴハンは、
池之側さんの野菜づくしで、めっちゃヘルシーな食卓になりました
CIMG2706.jpg
 (かぼちゃは晩ゴハンに食べたので写真には載ってません)

この記事のURL | 訪問の途中で | CM(0) | TB(0) | ▲ top
沖永良部で「エラブユリ」を咲かせ続けるヒト
2008/08/10(Sun)
鹿児島県沖永良部島、知名町上平川に暮らす富久健次さん。

tomi3.jpg

20年来のてっぽうゆり「エラブユリ」を、2.5町歩の畑で作り続ける農家さんです。

てっぽうゆりとは、名前から想像できるように、花の形が昔のらっぱ銃に似ています。

yuri.jpg

沖永良部島のユリ栽培は明治時代からの長い歴史があり、
大半は球根やつぼみの段階で出荷します。

tomi11_200px.jpgtomi2_200px.jpg

訪問した時は、掘り起こした球根をサイズ別に選別する最中でした。
切花用の球根をなぜ選別してるかって?
球根の大きさで生育の速さが違うんですって。。なるほど

この球根の大きさになるまでに2年。
そして球根から切花として出荷するのに1年。
だから、あの綺麗なエラブユリに出会うまでは、1から始めると3年かかるんです。
それなのに、1本あたりの農家さんの手取りが70~80円なんだそう
安すぎません?!

この球根は8月末に植え付け、
正月ぐらいから切花として出荷されるそうです。(見ごろは5月くらいまで)


畑一面を真っ白に多い尽くすユリの花は言葉を忘れるほど美しいですが、
花が咲く前に各地へ出荷してしまうので、島内でもなかなか見ることができません。
(和泊町の笠石公園周辺で観光用の百合畑では観ることが出来ます。)

kasa.jpg

2~3輪のエラブユリを部屋に飾っておくだけでも、独特の雰囲気がありますよね。
花言葉である「純潔」、「無垢」という表現になんとなく共感してしまいます。

富久さんのテッポウユリは、直販にも対応していますので
我が家に真っ白な花を飾ってみたい
お世話になった人にお礼の品を送りたい
そんな方は、 でいご屋にお問合せ下さい。
(取扱い時期は1月~4月です)
この記事のURL | 訪問の途中で | CM(0) | TB(0) | ▲ top
沖永良部島で出会った「ハンダマ」なる野菜
2008/08/09(Sat)
沖縄の伝統野菜「ハンダマ」

CIMG2787.jpg

沖縄・鹿児島県沖永良部島の亜熱帯地域に野生の条件が適しており、
昔から畑の隅などに一年中見られる。
島唄にも登場するが、最近は数が少なくなってきている。

そう言われれば、小さい頃からそこら辺にあった気もするが、
食べられるんだと知ったのは、今回が初めてです。


「ヌブシサギ」 ハンダマの別名。
沖永良部の方言で、「血圧を下げる」という意味がある。
ハンダマにはカリウムが多く含まれ、食物繊維が豊富なので納得である。

CIMG2788.jpg

和名は「水前寺菜」「春玉」といい、石川では「金時草」と呼ばれる。
葉の下面が紫色をおびていて、ウサギの耳のような形。
茹でると紫色がさらに鮮やかになり、ぬめりがあり、
歯ごたえがよくて茎もおいしく食べられます。

CIMG2791.jpg

夏の食欲のないときに、茹でたハンダマを冷やし、酢味噌でいただくと元気が出てきます。
早速、作ってもらい食べてみました。

CIMG2811.jpg

なるほど、草の青臭さは全く無いですねkao03
適度に粘り気が出てきて、それでいてサクサクっと食感もいい。
真夏の晩にビールビール と共に。。合わない筈がないGOOD

島では他に、豆腐とチャンプルしたり、卵とじにしたりして食べられています。
この記事のURL | 訪問の途中で | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。