FC2ブログ
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
京都有機の会 奥村さんを訪ねて
2009/01/12(Mon)
京都の南丹市園部の「京都有機の会」代表の奥村猛さんを訪ねました。
京都の街中から小一時間進んだところには、ここ2~3日の寒波で雪景色が多く残る
(言うなれば)昔ながらの農村地帯が広がってます。
CIMG3159_conv.jpg
CIMG3154_conv.jpg

奥村さんは、南丹~亀岡の約20軒の有機農家を束ね、「京都有機の会」のお野菜を
京都市内の小売店・料理屋、大阪市内のイタリアンレストラン等へ出荷しています。

奥村さんはホント忙しい毎日を過ごしてらっしゃいます。
自分の畑を朝から手入れして、夕方からは「有機の会」の出荷野菜を集荷・・→
そして、そのまま京都市内まで車を進め、得意先店舗へ配達に回って・・→、
家に帰り着くのは、深夜0時をまわります。

「忙しいだけで全然儲からへんわ(笑)」
そんな奥村さんが頑張る理由、それはもっと国内の身近の野菜を食べてほしい、
国内の食糧自給率を以前のように戻したいと考えるから。
「地元で出来るものを食べるのが当たり前の姿」
遠方(首都圏)への配送も行わず、地元関西圏で野菜供給が基本。
「だっておかしいやろ!近くの畑でとれた野菜が、中央の市場まで運ばれて、また戻ってきて町のスーパーに並ぶんやで!その野菜の行き来はムダやろ」

地元でとれた野菜を地元で食す、それが一番おいしい、ムダがない、自然なかたち。
ブームのような「地産地消」は、もともとそれが一番当たり前なんだと再実感しました。

40%をきった自給率向上のため、「NPO法人 京都自給ネットワーク」の代表としても
活動しておられます。
CIMG3161_conv.jpg
↑京都自給ネットワークの伊藤さん(左)と奥村さん(右)

 ・自給率60%目標
 ・収納希望者への支援(補助制度活用アドバイスや、研修・宅地農地相談等)
を中心として、地道に活動を進めています。


今の時期の商品
白菜・春菊・九条ねぎ・小松菜・水菜・聖護院かぶら ・・・等々、農薬を使わず栽培したお野菜ばかりです
CIMG3157_conv.jpgCIMG3156_conv.jpgCIMG3151_conv.jpg



※「京都有機の会」のお野菜は
  スーパー・自然食品店などで、"京都有機の会"とかかれた丸いシールが張られているのが
  商品です。(分かりやすい写真が無くすみません)
  
スポンサーサイト
この記事のURL | 産地訪問日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
スナップエンドウ出荷開始!
2009/01/02(Fri)
えらぶ天恵ファームですくすく育った「スナップエンドウ」の出荷が始まりました!
CIMG3150_conv.jpg

スナップエンドウってご存知ですか?
「スナックエンドウ」と呼ばれることもありますが、同じもので、中の豆だけでなく房ごと食べられる
エンドウです。
両脇のスジをとらないと、食べた時にゴワゴワするので、そこだけは面倒ですが指でつまんでスーッと取って下さい。

えらぶ天恵ファームのスナップは、甘みが強く中身の豆も大きくて食べ応え抜群です
私は、さっと塩湯でしてマヨネーズをつけてパクパク食べます。
これが止まらないんですよ・・・ 飲み正月のお供にぴったり
CIMG3061_conv.jpg
でいご屋では、1kg1,300円(税込み・送料別)で販売しております。
1kgって多いかな・・と思われる方、思ったより食が進むのですぐなくなります。
1家族なら2kgぐらいがちょうどいいのかなと思いますよ!

卸販売を希望の方も、是非是非ご連絡くださいませ!
栽培管理表ありますので、ご相談承ります。

農薬・化学肥料を極力使用していません。
牛糞と地元のサトウキビの絞りかす(ハカマと地元では言います)を土着微生物で発酵!
廃棄用の糖蜜も使用した有機堆肥は、こんな甘くて美味しいスナップが出来るんですね
CIMG3065_conv.jpg
南の島 沖永良部から、美味しいお豆をお届けです~

★詳細はこちら → 旬菜図鑑でいご屋 「【特別栽培】甘みはじける スナップエンドウ1kg」


この記事のURL | 天恵ファーム便り | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。