FC2ブログ
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
[マンゴー]サトウキビの剥き葉(ハカマ)でのマルチ作業
2015/08/29(Sat)
2015シーズンは、受粉がうまくいかず、マンゴーの出荷が全くできませんでした。。。
せっかく期待して待っていただいていたお客さんがたくさんいたのに、とても残念でした。
来年こそは!! ということで、気を取り直し来期にむけての管理作業に取り掛かっているところです。

[7月中旬]
早めの剪定作業を行いました。
すべての枝を2節ほど切り戻し、さらに収穫等の管理作業に支障がないよう
上背を抑制し、伸ばすべき横方向へ樹が生育するよう調整しながら剪定。
髪の毛をすくように、ワサワサしていた枝葉がスッキリこじんまりとした姿になりました。

切り戻した分が、これから1~2節伸びて来期の実をつけていきます。



[8月下旬]
マンゴーハウス全面に、さとうきびの剥き葉(呼び名:ハカマ)でマルチをしていきます。
一般的にはシートを張るのですが、天恵ファームではそれはぜず。
ハカマであれば、マルチ代わりの雑草抑制にもなるし、朽ちれば微生物のイイ栄養源になる。
今年から徹底してやることに。




IMG_6226.jpgハカマを敷く前に、元肥を投入。
島内で生産された牛フンの堆肥(牛フンとハカマの混合)です。
IMG_6225.jpg
IMG_6224.jpg
ハカマロールを各通路に転がす。
1個200キロほど。大人1ではちょっとしんどい。2人いれば大丈夫。
巻いているネットを切り、転がしながら広げます。
IMG_6227.jpg広げた様子。
かなり圧縮されているので、20メートルほどの長さにロール一個でちょうどいいぐらい。
IMG_6229.jpg親子3人で、マンゴーの株元から通路まで、まんべんなく広げていきます。
乾燥しているハカマは埃が舞うため、作業はマスクが必需品。
IMG_6232.jpg
IMG_6233.jpg
完成しました。
草の抑制もされるし、適度な保水効果もあり、それで朽ちれば土に還元され肥えていく。
来年からは、ロールの数は少し減らしても大丈夫かと思います。









この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<2016年産 パイン予定 | メイン | パッションフルーツ出荷開始♪そしてマンゴーについて・・・>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://deigoya.blog41.fc2.com/tb.php/144-b4d6efec

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。